SRNEハイブリッドインバーター

インバーターとは?

通常のインバーターは、バッテリーの直流電流を交流電流に変換する機械になります。

 

以前は、車(キャンピングカーなど)で、12Vのバッテリーから家電品を使うために交流100Vに変換するのにインバーターを使用している人が多かったのではないでしょうか?

最近ではDIYなどで太陽光発電をする方も増え、それに伴ってインバーターの需要も伸びているような気がします。

通販サイトでも様々なタイプのものが販売されていますが、ご自身の使用用途にもよりますが、できれば「正弦波」のものを選んだほうが良いと思います。
矩形波のものでは使用できない家電品があるためです。

購入する際には注意してくださいね。

 

グリッドタイインバーター

インバーターの中にはグリッドタイインバーター (GTI)という機器もあります。

グリッドタイインバーターというのはバッテリーが不要な機種もあり、太陽光パネルで発電した電力をそのまま家庭内に供給することができます。

 

 バッテリーが不要な機種もあり、手軽に太陽光発電した電力を利用することができますが、オフグリッドでは使用できないことと、電力の消費量を上回った発電をしてしまったときに逆潮流といって、電力事業者側に送電してしまう可能性があります。
(逆潮流はリミッターなどを使用することで防ぐことができます。)

 

ハイブリッドインバーターとは?

では、ハイブリッドインバーターとはどのような製品か。

インバーターなので、直流を交流に変換する機器なのですが、他に2つの機能が合わせられています。

一つは、チャージコントローラー。
チャージコントローラーというのは、太陽光発電などで発電した電気をバッテリーに充電するための機器です。

 

詳しい説明は省きますが、大まかに分類するとPWM方式とMPPT方式の2種類があります。

 

もう一つは、商用電源(東京電力などの電力網)への切替機能です。
商用電源を接続して、バッテリー電圧が下がったときに商用電源に切り替え、
バッテリー電圧が回復したときにバッテリー電源に切替える機能です。

インバーター
チャージコントローラー
切替器
この3つを別々にセットアップするのももちろんありだと思いますが、ハイブリッドインバーターはこの3つが一つにまとまり、配線もシンプルです。

こんな感じで一つの機械でスッキリとまとまり非常にシンプルです。

逆潮流もありませんし、オフグリッドでも使用が可能です。

24Vタイプ、48Vタイプが有り、発電量や使用量によって選ぶことができます。

おすすめです。

 

 You Tubeに動画をアップしてありますので、時間がある方はご覧になってみてください。

  

 

 

 

 

Facebooktwitter

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください