アキ

愛犬のアキが他界

寂しさ

ここ十数年、いろんな人に「寂しくないの?」と聞かれてきた。

やる事が多過ぎで忙しい日々だったから、「やる事、考えることが多くて、寂しいと思う暇が無い」と答えていた。

アキが居なくなって数日が経った。
なんだろう? この寂しさ。
今だってやらなければいけないとこは山積しているけれど、寂しい気持ちはそれを上回る。

寂しくなかったのは、忙しかったからではなくて、アキが居たからなんじゃないのか?
ちっちゃいやつだったけど、存在はすごく大きかったんだな。

突然の他界

病気知らずで元気だったアキ。

2005年11月10日生まれの13歳。
このまま健康ならあと5年位は一緒に居られると思っていた。

しかし別れは突然やってきた。

いつもの散歩コースの港の堤防。

堤防を散歩するアキ

この堤防上にあったものを拾い食いしてしまい、15分ほどで吐き出したものの、すぐに動けない状態になり、その後30分ほどで息を引き取ってしまった。

心肺蘇生を試みたけれどダメだった。

かなりの毒だったのだろう。

沢山の画像

13年間撮影したアキの写真を整理していて、アキがうちにやってきた日の写真まで遡った。

これは我が家にやってきた日のアキ。

いろんなものに興味津津

 

一緒に歩んだ13年間

飼い主に似てアウトドアが大好きだった。

モトクロスに行くのは大好きだった。

走行終了後にはアキもコースへ!

起伏がたくさんあり、コーナーも多いので楽しそうだった。

 

カヤックに乗るのも好きだった。

のんびりとした時間が流れた。

 

一緒に釣りもした。

海で泳ぎ、砂浜を走った。

ここ2年ほどは横浜との往復することが多かったけれど、移動のときはいつもかごの中でおとなしくしていた。

一緒に色んな所にでかけ、いろんなことをしたけれど、アキは幸せだったかな?
死ぬ間際にアキは何を思ったかな?

息をひきとる直前、動かない身体を懸命に動かして頬摺りしてきた。
もうダメなのわかって、最期の甘えだったんだだと思う。
そんな時にそれを振りはらって獣医さんに電話してしまった。
助けたい一心だったけど、今思えば最期くらい抱きしめてあげれば良かったと思う。

今は何処で何を思っているかな?

 

2005年11月10日生まれ
ミニチュアダックス(シェーテッドレッド)♂

2019年5月27日 18:28 永眠

 

 

Facebooktwitter

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください