百島の猪問題

エスカレートするイノシシ被害

イノシシが百島に住み着くようになったのは約20年前、2000年前後と言われています。

僕が百島に移住したのは2011年3月ですが、2011年にはすでにかなりの数のイノシシが生息していました。

他の地域ではどうなのかわかりませんが、百島のイノシシは警戒心が低いように感じます。
車でもここまで近づけたりします。

年をおうごとに畑の被害が増えるようになっていきました。

家宅侵入

2018年に書いたこちらの記事でも書いた通り、
https://ritoulife.com/many-wild-boars/
畑を荒らす被害はあったものの、家の庭に侵入するようになったのは最近の出来事です。

イノシシは賢く、罠を仕掛けても人間の匂いがついているとバレてしまうなんて言われます。

しかしここ数年、民家の庭にまで侵入するようになり、ついに2年ほど前からは家屋内にまで侵入するようになってしまいました。

最初は空き家に残っている食材を狙って、空き家に侵入していたのですが、それがエスカレートし人が生活している家にまで侵入するようになってしまいました。
犬がいるうちにも平気で侵入しています。

警戒心が強くて人の匂いがしたら近づかないというのなら、人が住んでいる家に入ってくるのだろうか?って思っちゃいますが・・・

一度家に侵入されると、ものすごい荒らされようです。
家の中はまるで大地震が起こったあとのうような状態になります。
何もかもがひっくり返されてしまうんです(汗)

 

 

害獣駆除

狩猟免許を取得して猟をする方もいますし、害獣駆除の名の元に、罠を仕掛けたり銃猟での駆除もしていますが、
増えるほうが早い印象です。

縄張り的なものもあるようですし、食料の問題もあるのである一定数以上は増えないようなのですが、
定数が減ればまた他の地域から泳いで渡ってきます。

どのくらいの距離を泳げるのか定かではありませんが、かなり遠くから泳いでくるようです。

無暗な殺生は避けたいところですが、共生が難しくなってきた今、どのように対策していけば良いものか・・・

 

Facebooktwitter

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください