備前焼焼成

昨年からの3回の陶芸体験で製作した作品を焼成しました。

10日間かけての焼入れ。
火を落とした後1週間かけて冷まします。

これが焼成前の作品3点

昨年9月に初挑戦した際の作品。

こちらが12月の2作品目。

今年1月に制作した3個目。

ようやく形が整うようになってきました。

火入れ直後の状態は1月の記事に書いていますので省きますが、
焚きつけ口を徐々に変えながら、温度変化を見ながら薪の量を多くし温度を上げていきます。

 

窯に火を入れて10日後、窯の内部の温度は1200℃に。
最初の焚きつけ口を閉じ、2室目・3室目と薪を入れて焼成します。

すべての部屋を焼成し、火を落として1週間待ち、徐々に温度を下げていきます。

いよいよ待ちに待った取り出し。

焼きあがった作品はこんな感じです。

早速マグカップでコーヒーを飲んでみました。

自分で作った食器での飲食なんて贅沢です。
興味のある方はぜひ体験してみてください。
次回の焼成の日程は決まっていませんが、陶芸体験は随時受け付けています。

お問い合わせは、
e-mail: hanouragama★gmail.com
(★マークを半角の@に変えて送信してください。)

 

Facebooktwittergoogle_plus

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください