日常?非日常?




ココ半年ほど横浜と百島のデュアルライフをしています。

横浜にいるときは関東一円で仕事をしているので移動にも時間がかかり、ブログ更新も遅れ気味(汗)

今日は尾道市主催の講座の地元ゲストとして講師をしましたが、もう一人ゲスト講師として周防大島から来られた
「いずたにかつとし」さんがプロデュースした、こんな動画を見せてもらいました。

 

最近のボクはまさにこんな感じなわけです(笑)

日常?非日常?
どっちが??(笑)

 

普通は仕事をしているときが日常で、そこから離れてのんびりするのが非日常ですよね?

でも一度島暮しに慣れてしまったら・・・

都会に暮らすのが非日常になってしまうんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ映像が作れそうでしょ!?(笑)

 

この動画を見終わった瞬間に「その薬ください!!」って叫びましたよ(笑)

 

 

本当にもらいました!(爆)

 

ようやく必要な薬が手に入りました。
はやく良くなるといいな。(*^_^*)



若者チャレンジ講座2017




本日は、尾道市政策企画課の主催する「若者チャレンジ講座2017」の第2回のプログラムで、
地元ゲストとして講師を勤めました。

若者チャレンジ講座第2回日程表

 

受講生・聴講生合わせて20名ほどの方が来島。

 

午前中はフィールドワークと言う事で、島内を徒歩移動。

まずは瀬戸内海区水産研究所を外から見学。

 

続いて八幡神社。

尾道市の民族無形文化財にも指定されているお弓神事の行われている場所ですが、お弓神事の認知度は低かったです(汗)

お弓神事は毎年1月第2日曜日に行われています。

 

そして、午前中の行程のメインとなるアートベース百島の観覧。

 

皆さん、スタッフのかたの説明に熱心に耳を傾け作品を見学していました。

そしてさらに歩き、Uターン移住をし、百島で陶芸をされている佐藤先生の波の浦窯へ。

その後も歩き続けて、午後の講義のためにお借りしている「ちょっとよりみち」へ。

 

 

 

午後の講座は、講師の尾野寛明さんに加え、ゲスト講師としてフィナンシャルプランナーのいずたにかつとしさん 、
アドバイザーにコミュニティーデザイナーの内海慎一を迎えて行われました。

非常にすばらしい内容の講座で、ゲストとして参加させて頂いたにもかかわらず、受講生側になってお話を聞かせてもらいました(笑)

受講生の方たちも熱心に話を聞いていました。

 

 

若者チャレンジ講座では、受講生の募集は締め切っていますが、各講座の一般聴講は可能です。

詳しくは、尾道市政策企画課までお問い合わせください。