離島「百島」に移住して10年

2011年2月百島初上陸

今年で百島に移住して10年になる。

初めて百島に上陸したのは2011年2月。

そのときには百島に住むことになるとも思っていなかった。

以前にも記事に書いたけれど、百島に行くことになったきっかけは、PEACE号の回航。

 

PEACE号回航

PEACE号というのは、瀬戸内海の離島をまわり診察をするために友人が購入した船の名前。
神奈川に住んでいた友人が百島に診療所を開所することになり、その船を自身で操船して回航することに。

陸送すれば話は早いのですが、これから日々この船を操船して診療に行かなくてはならないので、船の不具合や操船技術のことも考えて自ら回航するすることにしたようです。

そんな回航のお手伝いを兼ねて同乗して百島へ。
それまでは百島という島があることすら知りませんでした(汗)

約1週間かけて冬の太平洋を航海。

その時の様子はこんな感じ。

 

そして移住

PEACE号を回航したのが2011年2月。

そして翌月には移住することに・・・

思ってもみなかった移住。
しかも離島。

ちょっとした冒険心で、少しの間のつもりだったのに・・・

気がつけばもう10年。

運命だっといえばそれまでだけど。

診療所を退職して5年。

船の回航がきっかけで百島診療所に勤務することになり移住。
退職したら横浜に戻るんだろうな?と漠然と考えて移住したけれど、なぜか百島の魅力に取りつかれ、
この地での友人知人も増え、未だに答えは出ないけれど住み続けている百島。

島内だけでは収入の確保が難しいので、実際には出稼ぎで島にいない日のほうが多く、住んでいるのではなく遊びにきていると思っている人も多いみたい。
島での収入源を増やすことが今後の課題かな?

百島キャンプサイトsorezore

診療所を退職して5年が経ち、いろいろと手探りしながら、周りの人たちに協力してもらいながらの島暮らし。

そして昨年の夏には小さいキャンプサイトをオープンさせました。

百島に宿泊施設がなかったときに、一人旅の人にも気軽に訪れてほしいなと思って始めた「サンセットテラス百島」
そのサンセットテラス百島もオーナーさんの移行で2019年に閉鎖することになってしまいました。
今では Cilea や ヒトツル などの宿泊施設がありますが、”ひとりでフラっと”訪れるには敷居の高い宿になってしまいます。

そんなこともあり、もっとリーズナブルに気兼ねなく来ていただけるように、キャンプサイトを作りました。
本当は建物のある宿泊施設にしたかったのですが・・・

別荘地の一角なので、自然の中のキャンプ場といった感じではないけれど、周辺環境はすごく良いので、離島らしい楽しみ方が出来るのではないかと思っています。

詳しくはこちらからご確認ください。
https://momoshima.net/camp/

周辺環境はこんな感じです!

 

 

Facebooktwitter

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください