コリビングサービス

サブスクリプション型の住居「Co-Living」

ADDress

最近増えてきている多拠点生活者。
そしてますます増えて行くであろう多拠点生活者。

そこで出てきたのが、定額制のコリビングサービス。

こんなサービスも徐々に増えてきていますね。

いよいよ来月(4月)からは「ADDress」がサービス開始しますね。
https://address.love/

移住するのはちょっと

地方に移住するのはちょっとハードルが高い、でも地方での暮らしにも興味があるし、そんな方には良いシステムではないかな?

ホテルや旅館でもなく、別荘でもなく、
好きなときにすきなエリアに滞在できる、プチ移住感のあるコリビング。

「 HafH 」(ハフ)

こちらは海外での滞在も可能な「 HafH 」(ハフ)

https://hafh.com/jp/top/

海外も飛び回るノマドワーカーも増えてきているので、日本だけでなく海外でも利用できるのは◎?

ロップ家

僕の友人に、こういったサービスを独自に自身でやっているひともいます。
長野の戸建てを改装して運営しています。

http://roppuya.com/

「ロップ家」は個人で運営しているので、いまのところ長野の1件だけですが、年額で5万円はかなりリーズナブルな感じだと思いませんか?

都会と地方

都会にメインの住居が有って田舎のコリビングサービスを使う場合と、
地方にメインの居住スペースがあって、都会に仕事に出てきたりする場合に使うコリビングサービの両方が考えられますよね?

今現在、僕は百島に家を借りて住んでいるけれど、仕事をしに横浜に出てきています。
島に住む友人で、メインの住居は百島だけれど、会社は東京にあり、かなりの頻度で東京↔百島を往復しています。
そんな人にも嬉しいサービスなのではないでしょうか?

百島にもこんなサービスが有ると滞在してくれる関係人口も増す気がします。
海に囲まれた離島に滞在するのには格好のサービスだと思います。

ももしま

空き家を購入してコリビングサービスを始めてみようかな?なんて考えている人はいないでしょうか?
検討していただける方がいましたら、ぜひお声掛けくださいね!

Facebooktwittergoogle_plus

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください