備前焼 焼成

百島 波の浦窯をリメイクして1回目の備前焼焼成。

内部に作品を入れ、封をして準備完了。

薪を入れる小窓から見た内部の様子。

5月23日 窯焚き開始。

徐々に温度を上げて、翌日には125度。

10日間、24時間休み無く焚き続けます。

 

8日目には1100度を越えます。

煙突からも炎が。

この温度になるとレンガもこんなに焼けます。
窯の周りもかなり暑いです。

 

1段目・2段目と順番に焚き、最終日に3段目の薪入れ。
この日は薪入れをさせていただきました。

 

温度計は1163度。

 

薪を入れ終わった後、1週間かけて自然に冷まします。

そして本日、窯を開けて作品を取り出しました。

 

作品を取り出し、空になった窯。

 

昨年から今年にかけて陶芸体験された方々の作った作品です。

 

 

次回の焼成は来年の1月を予定しています。

陶芸体験は随時行っておりますので、体験してみたい方はメッセージくださいね。

Facebooktwitter

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください