波の浦窯での備前焼き陶芸体験

備前焼というと、敷居が高そうな気がしてしまう焼き物ですが、
どなたでも気軽に体験できる百島の陶芸体験。

今回で3回目になる、備前焼陶芸体験。
今回は、尾道観光協会サイクリング事業の方が3名
、視察を兼ねて参加されました。
島内に住んでいる方3名(自分を含む)、合計6名で作品の製作をしました。

難しい講釈はなしで、すぐに簡単な制作方法のレクチャー。

備前焼陶芸体験

各自、湯飲みやカップ、茶碗などの製作開始。

備前焼陶芸体験

備前焼陶芸体験

備前焼陶芸体験

「備前焼だからこうしなさい」というような堅苦しい陶芸体験ではなく、
みな思い思いの独創性あふれる作品をつくっていました。

こちらは一輪差し

備前焼陶芸体験

備前焼陶芸体験

時間があまったのでおまけにキーホルダー。
備前焼のキーホルダーなんてすごく贅沢。

備前焼陶芸体験

美大卒の方が作ると、カップもこんなおしゃれに。
アップダウンのあるふちを自転車が走っています。

今回で3回目の陶芸体験参加。
少しずつですがコツがつかめてきました。
これは僕の作ったコーヒーカップ。

備前焼陶芸体験

焼成は26日から。
窯の火入れは10日間ほどかけて行います。
急激に温度をあげることは出来ないので、24時間体制で交代しながら火の番をします。
焼きいれが終わったあとも、急激に冷ますわけには行かないので、1週間かけて徐々に冷やします。

どんな作品になるか、今から楽しみです。

佐藤先生、ありがとうございました。

最後に窯の前で記念撮影

備前焼陶芸体験

今後の体験では、今月の焼成には間に合いませんが、陶芸体験や陶芸教室は常時行っておりますので、
備前焼の陶芸体験をしてみたい方はお気軽にご連絡ください。

Facebooktwittergoogle_plus

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください