夢が叶った

空からの診療

水上飛行機を利用して、空からの往診を夢見て瀬戸内海に浮かぶ離島に診療所を開所した次田医師。

2011年4月に尾道市の離島”百島”に「百島診療所」開所。

 

PEACE号の回航

時を少し戻し、百島診療所の開所2ヶ月前。

診療所開業と同時航空機を導入して診療が開始できるわけではなく、まずは船を使って診療を始めて基盤づくり。

そのための船は神奈川から百島に回航。
百島に診療所を開所する前は、神奈川県のクリニックで医師をし、船は事前に準備。

陸送すれば話は早いのだけれど、冒険好きな次田氏は自分で操船して回航するという。
そして、一人ではなにかトラブルがあったときに困るので、同乗してほしいとオファーが。

話が突然だったので、仕事の都合をつけるのが大変で、神奈川からの出港には間に合わず、一日遅れて伊豆の下田から乗船。

2月の太平洋は毎日うねりがすごい。

日々うねりの中をひたすら移動していたら、ひどかった乗り物酔いが克服出来た(笑)

このときはまだこの診療所働くとは思っていなかったのだが・・・

詳しくはこちらに書いているので読んでみて!

移住のきっかけ

水上飛行機試験機導入

水上飛行機の運用テスト

実機ではなく、ウルトラライトプレーンという小型機を導入して、海上での離着水訓練を繰り返しながら、実用化出来ないかを検討。

約3年間、いろいろと試験を繰り返しましたが、なかなか実用化には至りませんでした。

 




ついに空へ!

2018年10月
空から瀬戸内海の離島への診療が始まる。

ついに念願が叶い、夢だった空からの移動が始まりました。

僕の夢が叶ったわけではないですが、この夢の実現のための手伝いをするために、ここ百島に移住したので、この夢の実現はすごく嬉しいです。

残念ながら僕は2年前に退職してしまっているので、このプロジェクトには関わっていないし、ヘリ導入に至る詳しい話はわかりませんが、本当にすごいことだと思います。




これからの百島診療所の活躍を見守って行きたいと思います。

百島診療所の公式ブログ(田中看護師の書いているブログです)はこちら
https://blog.goo.ne.jp/momoshimashinryoujo

診療所開業前から現在までの記事があります。
ぜひこちらのブログもチェックしてみてくださいね!

Facebooktwittergoogle_plus

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください