あなむ ニューアルバム発売記念ミニライブ

11月23日は、「海辺でまったり 収穫祭 with 「あなむ ニューアルバム発売記念ミニライブ」」倉橋島という島に行ってきました。

倉橋島は広島県呉市にある島。
島ではあるけれど、橋がかかっているので離島ではありません。
本土との距離は約100m
音戸の瀬戸と呼ばれる水道を隔てて島があります。

イベントの主催者は半田さん。
半田さんは幼少期を百島で過ごした方です。
8年前に倉橋島に移り住み、半農半漁をしています。
数年前に仲間たちのために砦を作り、現在は年に4回のイベントを行っています。

このイベントは、参加者の方々が様々な食材等を持ち寄って行うパーティー。
どの食べ物も飲み物も無料。
(招待を受けた人とその友人のみ参加可で、参加費は1000円/1名)

ボクは以前、カヤックを持ち込み、カヤック体験を提供したこともあります。

このイベントは、プチ バーニングマンみたいな感じでしょうか?(笑)

バーニングマン参考
https://ja.wikipedia.org/wiki/バーニングマン

この日の変わり種は「ウミガメ」の煮込み。
すっぽんは何度か食べたことがありますが、ウミガメを食べたのは初めて。

青ウミガメは本当に青いんですよ。
画像のお肉は全てウミガメ。
他の食材は入っていないです。
正直、「美味しい」という感じはありませんでしたが、小笠原ではタンパク源として食されてきたようです。

小笠原からこの娘がカメに乗ってやってきました!(笑)

今回はあなむさんのプライベートライブもありました。

あなむさんを知らない人も多いと思いますが、お父さんは有名なアーティストさん。
河島英五といえば知らない人はあまりいないのでは?
「酒と涙と男と女」は知っているのでは?

あなむオフィシャルWEBサイト
http://www.anamk.net/index.html

CD購入しサインもしてもらいました!

いろいろ食べて、歌を聴いたあとは、少しだけフィッシングタイム。
釣果は・・・

小さいのが一匹(汗)
坊主は免れたので、まぁよしとします。
ちいさ過ぎるのでリリースしました。

百島 百遊び其の2




 

 

 

 

 

 

イベント

2015年に百島に移住してきた若者(百島ふるさと農園の西野さん)は、様々なイベントを主催しています。

8月にはアーティストを招いてのビーチライブと流しそうめんなどのイベント「百島 百遊び其の一」を主催。

 

今回は第二弾「百島 百遊び其の2」を企画。

 

日時:10月28日(土)12:00~17:00
場所:百島みんなの家

入場は無料(ワークショップは参加費500円)

お面作りワークショップとライブのイベントです。

出演:中ムラサトコ・サ々キダブ平

出店:百島しあわせパン製作所ウシオチョコラトル

主催:島げた
お問合わせ:050-5898-9627(西野)

 

僕は千葉でビーチレースのためお手伝いも出来ないのですが、百遊びにはたくさんの人に参加してほしいと思っています。

 

 

若者チャレンジ講座2017




本日は、尾道市政策企画課の主催する「若者チャレンジ講座2017」の第2回のプログラムで、
地元ゲストとして講師を勤めました。

若者チャレンジ講座第2回日程表

 

受講生・聴講生合わせて20名ほどの方が来島。

 

午前中はフィールドワークと言う事で、島内を徒歩移動。

まずは瀬戸内海区水産研究所を外から見学。

 

続いて八幡神社。

尾道市の民族無形文化財にも指定されているお弓神事の行われている場所ですが、お弓神事の認知度は低かったです(汗)

お弓神事は毎年1月第2日曜日に行われています。

 

そして、午前中の行程のメインとなるアートベース百島の観覧。

 

皆さん、スタッフのかたの説明に熱心に耳を傾け作品を見学していました。

そしてさらに歩き、Uターン移住をし、百島で陶芸をされている佐藤先生の波の浦窯へ。

その後も歩き続けて、午後の講義のためにお借りしている「ちょっとよりみち」へ。

 

 

 

午後の講座は、講師の尾野寛明さんに加え、ゲスト講師としてフィナンシャルプランナーのいずたにかつとしさん 、
アドバイザーにコミュニティーデザイナーの内海慎一を迎えて行われました。

非常にすばらしい内容の講座で、ゲストとして参加させて頂いたにもかかわらず、受講生側になってお話を聞かせてもらいました(笑)

受講生の方たちも熱心に話を聞いていました。

 

 

若者チャレンジ講座では、受講生の募集は締め切っていますが、各講座の一般聴講は可能です。

詳しくは、尾道市政策企画課までお問い合わせください。