モトクロス

モトクロス選手権

昨年は中国モトクロス選手権に全戦出場し、シリーズチャンピオンを獲得することが出来ましたが、
今年は関東と百島の2重生活になり、残念ながら中国モトクロス選手権には1戦も出場することが出来ませんでした。

今年は全日本モトクロス選手権には2戦出場。
1戦目は、第3戦中国大会の広島グリーンパーク弘楽園。
2戦目は、第9戦のシリーズ最終戦のSUGO。

この最終戦のSUGO大会は、台風の接近もあり雨。
レース前から降り続いた雨で、コースはマディーコンディション。
若手ライダーたちが、スタック、転倒、マシントラブルに見舞われる中、なんとか周回を重ね、
トップから2周遅れ、しかもトップのゴールから15分以上経過してからゴールした。
10分+1周のレースでトップは5周。
チェッカーを受けることが出来たお陰で、8位で予選通過することが出来ました。

 

レース履歴

1988年より関東モトクロス選手権ノービスクラス( 現在のノービス)に参戦を開始し、

1989年には、ジュニアクラス(現在のNAクラス)で全日本モトクロス選手権に参戦。
記憶は定かではないが、この年の全日本ランキングは42位だったと思う。
関東モトクロス選手権で規定ポイントを獲得していたので、90年からは国際B級クラスで全国を転戦。

この写真は、95年の全日本モトクロス選手権中部大会、鈴鹿サーキットで5位に入賞した時のもの。

この時も雨でマディー。

 

95年の全日本モトクロス選手権でのポイントランキングは、250ccクラスで28位。
当時は15位までが自動昇格。
16~30位までの選手は申請が受理されれば国際A級に昇格することが出来た。
もう一年チャレンジし、自動昇格することも考えたが、この年ですでに30歳だったので昇格申請をし、国際A級に昇格。
96年からは国際A級125ccクラスへ。

2003年くらいまで全日本モトクロス選手権に出場していましたが、国際A級クラスでの予選通過は1回だけでした。

8年前に国際B級に降格後、年に1~2戦エントリーしていましたが、今回のレースでの予選柄は21年ぶり(笑)。

21年前の予選通過も雨のSUGO。
あの時はIAクラスのライダーがほぼスタックし、走行しているライダーはほんの数台というサバイバルレースでした。

これは翌日の決勝の選手紹介。

 

 

そして、今回の日曜日の決勝。

オフィシャルスタッフがコース整備をしてくれたお陰で、予選時よりは格段に走りやすくなっていたけれど、
当日も雨が降リ続き、コースは泥沼状態(笑)

どんな感じだったかは、↓のyoutube観てください!!(笑)

 

決勝ヒート1の映像がYouTubeにアップされていました。

 

予選時のはこちら

サムネイルの#115は僕です(笑)

 

ヒート1・ヒート2ともにポイント圏内を走行していたのに、転倒やミスによりポイントを逃してしまいました。
あの頃のマディースペシャリストは、もうスペシャリストではなくなってしまっていました・・・
まぁ、この年になって決勝を走ることが出来ただけでも良かったんですけどね(笑)

 

これからも怪我のないようにボチボチ走っていきます(*^^*)

 

 

モトクロスって?

モトクロスってどんなの?という方はこちらのサイトをご覧ください。
MXING WEB