百島の波の浦窯で備前焼焼成

ここ、離島百島に焼き物を作っている窯があります。

百島「波の浦窯」

 

この島に移住して6年になりますが、ぼくも毎年作品を焼いてもらっています。

 

コレは2015年に焼いて頂いた「ぐい呑」

 

作品の出来栄えはべつにして、自分で作った器で飲んだり食べたりするのは良いものですよ!

 

 

今回は1月27日に窯に火を入れました。

備前焼は、10日間24時間薪を入れて炊き続け、1200度まで徐々に温度を上げていきます。

急に上げてもダメ。下がってしまってもダメ。

少しずつ少しずつ温度を上げていかなくてはならない、難しい作業です。

 

昨年11月に皆で陶芸した時の作品も焼いているので、出来上がりが楽しみです。

 

明日はいよいよ窯を開ける日です。

どんな風に焼けているのか?

 

 

随時陶芸体験出来ますので、興味のある方は体験してみてくださいね!

http://momoshima.net/tougei/tougei.html

 

 

 

 




Facebooktwittergoogle_plus
                           

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です